Gジャン 擦り切れ修理

今回はかなり長年大切に使われたと思われるGジャンのリペアです

何故かといえば、部分的に劣化しているのではなく

全体的に生地痩せして全体的にうっすら劣化してきています

休ませながら大事に着てきた感がみてとれます

上の写真の様に徐々に劣化が進んでいます

袖口などもヘリのスレもリペアしましたが衿まわりのリペア画像を添付します

衿付け部分の背ヨークの補強並びに衿のヘリの劣化は裏から適切な厚みの

シーティング当てで縦方向に糸入れします(糸入れは無駄に多くしない様)

補強後は元に縫い合わせて完成

大事に着てあげてください

 

ジーンズのリペアやカスタムのご相談はメールでお気軽にお問合せください

メール:  msuda@peach.ocn.ne.jp

お電話でも営業時間内受け付けております

TEL: 0436-63-3848 AM10:00~PM7:00 月曜定休

 

Gジャン衿補修

久々に結構劣化の激しい衿です

ヘリも完全に口があいてしまっています

いつも通り衿は外してまず衿の補修

衿への糸入れ補強は最小限で衿の形状が出来るだけ崩れない様に

そして裏と表を逆にして付け直すので表と裏の距離調整のため

ヘリの糸入れは衿付けが済んでから加工します

多少裏側はインディゴの色が濃いめですが半年程度でなじんできます。不思議なんですけど(^^;)

 

ジーンズのリペアやカスタムのご相談はメールでお気軽にお問合せください

メール:  msuda@peach.ocn.ne.jp

お電話でも営業時間内受け付けております

TEL: 0436-63-3848 AM10:00~PM7:00 月曜定休