Gジャン ショルダーヨーク修理

着方にもよりますがGジャンも相当着込むと肩回りが擦り切れてきます

Gジャンの場合は裏が露出しそうな場所はグレー系のシーティングを使います

肩ヨーク全体が生地痩せしていましたので広く当て布をして縦方向に糸入れして完成

 

これで3500~4000円程です

※衿も劣化が激しかったので分解して修理して付け直すところです

ジーンズ 縦裂け補修

デニムの縦裂けが多い場所の一つはバックポケット脇です

バックポケットの細目から切れます

ここは一旦バックポケットをハズして

裏から現場へ当て布

この当て布はバイヤス方向に裁断したものを当てます(布地の性質状バイヤス方向には裂けませんので)

そして段差をカバー及びさらに補強の意味で特厚のシーティングを広めにあてます

そして、通常は必ず縦方向に入れる糸も縦裂けは横方向にいれます(強度優先です)

※縦に何本入れても強度は増しません。結果当て布だけに力が加わってしまいます

色はうまく合わせましたので糸はそれほど目立たなかったと思います

完成です

 

これで5000円~6000円程です

 

Gジャンリペア 横糸移植のテクニック

先日は急なお休みをいただきすみませんでした( ;∀;)

元気に復帰しております<(_ _)>

Gジャンのリペアは案外ジーンズよりも痛む箇所が多いです

衿の擦り切れだったり、袖口の擦り切れだったり、脇下の巻き縫い、肩ヨークのスレ、短冊開きのほつれ、カフス及びカフス周辺のスレ、裾のスレ、ボタンホールの劣化、チェーンステッチの擦り切れ等々あげればキリがありません

今回も一通りのリペア後の検査検品で横糸消失部を発見

アップ画像でみますと

修理後(Gジャンの場合は場所によりグレーの補修布を使っています)小指の詰め半分ほどの横糸消失部を発見

こんな場合は似通った横糸を材料の中からチョイスしてここに嵌めこみます

仕上げに50番手の糸で叩き込めば完成

Gジャンの劣化もあきらめて引退させる前にご相談ください(^^)

 

ジーンズ バックポケットリペア

今回はバックポケットの総メンテナンスです(^^)

相当ヘビーに履かれたようです

左右共バックポケット口は擦り切れてヘリは消失、

ポケットの縫い糸もところどころ消失

エビスさん特有の内側の底に補強のシーティングが張り込んであるのですがそれも外れて役に立っていないようでした

そんなワケで一旦隠しリベットもカンヌキも全て外してメンテです

※隠しリベットはもう役割をはたしましてのでこのまま廃棄します

ボディ側は隠しリベットやカンヌキを外したため穴になっている部分は穴補給のリペアを先しておきます

次にポケット本体は

ヘリも含め弱くなっているいる部分は軽めのオンスのデニムをあてがって

ミシンたたきして整えます

そしてボディー側に再装着すれば完成です

ポケット口ヘリの仕上りはこんな感じです

結構初めのうちは硬さを感じると思いますが、ここはあまり華奢に仕上げますとまたすぐ劣化してきますので、、、

上記の様なバックポケットの左右の総リペアで概ね10000円程です

 

 

 

ジーンズ 丈伸ばし 裏打ち加工

久しぶりの投稿です(^^;

今回はジーンズの丈を出来るだけ長く伸ば加工です

洋裁では「裏打ち加工」と呼ばれ、裏側の三つ折りの部分を表に出して長くする加工です

表に出した三つ折りの代わりに別のデニムで裏側の三つ折りを作ります

 

先ずはステッチをすべて解いてフラットな状態に

 

次に裏側に入れ込むデニムを繋ぎ合わせせます

この場合表のデニムと同じ色目というより厚さ大事です

厚すぎれば厚みが出すぎますし、薄すぎると三つ折りが頼りなくなります

お出しするデニムの2~4オンスほど軽い感じが適切かと、、、

またインシームとアウトシームの厚みの出る場所は繋合わせるデニムの縫い合わせとはずらす事がコツです、、、

今回は出来上がったのちのヘリを周りの雰囲気に合わす様にグラインダーで色を落とさせて頂きました

裏打ち加工で丈を出して裾をグラインダー加工して5500円程です

 

 

LINEからのお問合せ出来るようになりました

    LINEの友だち追加でお問合わせ

※ラインはお客様とのトーク機能だけに限定してあります

当方からの必要もないお知らせ等は一切いたしません

安心してお友だち追加してお見積りやご質問をトークしてください

 

メールやお電話の問い合わせも下記からどうぞ

メールでのお問合わせはこちら

お電話でのお問合わせ  TEL:0436-63-3848

 

ジーンズ ロールアップの擦り切れ修理

ロールアップの折り曲げあとはいつか必ず切れてきます

これを一般の修理同様、裏に当布をして50番手の糸でリペアすれば完璧ですが、、、

そうするとロールアップした時に当然当て布は表に露出してしまいます

そこでこの部分は例外的に当て布なしで「糸だけ補修」します

加工後が以下の画像です

 

ミシンは「上糸と下糸がクロスされる事で縫える」という原理を利用して

上糸をインディゴ色、下糸をグレー色にすることで、まぁまぁ目立たなくリペアできます

実際触ってみるとスレの現場に厚みが出ているのが分かります

このような加工で800円~1500円くらい(スレ方や範囲によります)です

 

 

ジーンズ 裾破れ修理

踵は引きずられて大穴になっています

またこの丈履きたいという事でしたしたので一旦ステッチをほどいて穴をデニムで左右共移植します

そしてまた同様に三つ折りでステッチをかけて完了なのですが

せっかちな性格が仇して、いつもどおり完成の画像撮り忘れて発送してしまいました( ;∀;)

こういった加工は片足で3000円前後になります

ジーンズリペア 膝破れ修理

膝下~腿にかけて広く劣化を伴い破れています

特に膝周辺は横とも消失しています

このような場合は当て布はもちろんですが穴の部分は横とを移植して自然に仕上げる方法をとります

 

まず乱れた横糸を整えて劣化や生地痩せしているい範囲の当て布とシロモを使って患部に横糸を装着して下からはめ込みます

仕上げに縦方向に糸入れして完成です

毎度申し上げるのですが、当て布で体とデニムの接触を遮断する事でかなり劣化の進行は止まりますので、必要以上の糸入れはかえってデニム素材の負担になります。少な目の方がより自然にしあがりますので(^^)

加工料的に糸移植でこの程度ですと6000~7000円程になります