ジーンズ 横糸移植加工

例によってビフォー写真は撮り忘れ(^_^;)

上に画像の患部が横糸も消失して穴になってたので

通常なら横糸+シーティングで塞ぐのですが

お客様のご依頼は「横糸のみ」という事で表はこんな具合です

元の横糸も残してあるので多少ふさふさ感ありすぎですが

当初のクラッシュ加工風に戻った様に思います

ジーンズ履くとき足の指にひっかけない様注意してくださいね(^_^;)

リペアやカスタムのご相談はメールでお気軽にお問合せください

メール:  msuda@peach.ocn.ne.jp

お電話でも営業時間内受け付けております

TEL: 0436-63-3848 AM10:00~PM7:00 月曜定休

12/14(金)ジーンズ 前ポケット口

前ポケットの口の袋地は物の出し入れでこの通り

この程度は分解して直す手段より表綿のデニム素材と叩きつけて補強する方法がベター

糸色は表のデニム色を優先すれば

表には全くひびきません

下糸を袋地の色にする手段もありますがそうすると表に白っぽくプチプチ糸がでますのでここは表の見え方重視で。

リペアやカスタムのご相談はメールでお気軽にお問合せください

メール:  msuda@peach.ocn.ne.jp

お電話でも営業時間内受け付けております AM10:00~PM7:00(月曜定休)
TEL: 0436-63-3848

11/9金 ジーンズシルエット調整

ストレートジーンズを

テーパード風に

丈も詰めて、裾幅を20センチ並みに調整

一般的には内側から調整しますので

インシームはつくり直しになります

リペアやカスタムのご相談はメールでお気軽にお問合せください

メール:  msuda@peach.ocn.ne.jp

お電話でも営業時間内受け付けております

TEL: 0436-63-3848 

11/3 ジーンズポケット口リペア

前ポケットの縁がスレて消失

 

こうなるとデニム移植になります

材料用でストックしてあるユーズドデニムの部分をカットして

アイロンでポケット口のカーブと合わせます

 

劣化消失部分に移植

 

 

という風にリペアしますが

基本ポケット口が消失するほど劣化を放置しますとポケット口自体が伸てしまいます

補修後は少しポケット口が膨らんだ仕上がりになってしまいますので

早め早めのリペアをお勧めします

10/6(土) ジーンズ 釦ホールのリペア

まだ大丈夫、まだ大丈夫と思っているうちにどんどん劣化しくるのがボタンホール

 

下地補強して糸入れ出来るレベルならまだましですが

 

これ以上進めば一旦ボタンをつぶして作り直しです

 

ボタンホールのリペアは早目早目がお勧めです

9/1(土)ジーンズ股パンクリペア

ジーンズ股下周辺糸の劣化

ここは股スレ同様気付かぬうちに進行している場所です

先ずは劣化したした糸の削除

チェンステッチで縫い込んである場所の糸の切除は慎重に

乱暴に扱うと劣化していない場所も解けてしまいます

作業的に注意したいのはむしろ表より裏側のチェンステッチのスレによる劣化です

表に糸は残っていても裏のチェンが劣化寸前ならその範囲も糸入れが必要になります

リペアやカスタムのご相談はメールでお気軽にお問合せください

メール:  msuda@peach.ocn.ne.jp

8/8(水) ジーンズ ウエスト調整

以前後ろ中心から6センチ並みに詰めたジーンズで

さらに7センチ詰めのご要望でしたので両サイドから加工しました

まずはベルトラインも含め、両サイドを分解

両サイドから3.5センチづつカットして

付属を含め縫い合わせれば完成

後ろ中心から6センチと

両サイドから7せんちで都合15センチ並みに小さくなりました



リペアやカスタムのご相談はメールでお気軽にお問合せください

メール:  msuda@peach.ocn.ne.jp

お電話でも営業時間内受け付けております

TEL: 0436-63-3848 

8/6(月) ジーンズ 裾擦り切れ

左右とも同等のスレです

一旦ステッチをはすして三つ折りを伸ばします

この段階でデニムを移植して

元の三つ折りでチェンステッチをかけます

スレがあるので色のチョイスは困難ですが出来るだけ自然に見える様に、、、

裏はこんな感じです

リペアやカスタムのご相談はメールでお気軽にお問合せください

メール:  msuda@peach.ocn.ne.jp

お電話でも営業時間内受け付けております

TEL: 0436-63-3848 

10/11(水) ジーンズ ポケット口 リペア

今回のポケット口の劣化補修はデニム移植を伴います

すでにポケット口のヘリが全く消失していますので

ユーズドデニムのストックから近い色目のデニムのポケット口のヘリを移植

ユーズドデニムを使った方がより自然になじみます

縦方向に糸入れ

加工の仕上がりをみると、どうしても若干ポケット口が膨らんでしまいます

劣化を重ねがらポケット口が伸びてしまうのが原因ですね

ポケット口の劣化は早め早めのリペアをお勧めします

リペアやカスタムのご相談はメールでお気軽にお問合せください

メール:  msuda@peach.ocn.ne.jp

お電話でも営業時間内受け付けております

TEL 0436-63-3848